デモカー2ドアルビコンに燃料タンクガードを取り付けました



ラングラーの燃料タンクは運転席の下に位置していて、
オフロード走行時は常に気を遣う部分です
特にホイールベースの長い4ドアモデル(アンリミテッド)は
ここが一番のウイークポイントではないでしょうか?

純正のガードも付いているのですが、強度が足らず、
ロックなどではすぐにベッコリ・・・

実際デモカー2ドアルビコンもご覧のような状態です・・・



そこで、新製品の燃料タンクガードを取り付けてみました!
厚みも充分! これならちょっとやそっとじゃ凹まないでしょう!!



純正のタンクガードの上から取り付けるので、
作業もそれほど、大変じゃありませんでした
後ろ側に穴あけがあるので、そこだけ注意すれば、ご自分でも
取り付けできるかも?



このガードはスキッド性も考えてつくられているので、
ボルトは表にでないように、こんなスペーサーまでセットされています!





フロントからリヤまで、アンダーガードで完全武装!
これで、今まで以上に安心してアタックできます♪ (^_^)v

オフロード ガンガン行きたい方はお奨めアイテムですねっ!


トップへ戻る