1年は早いもので、つい先日オートサロン2016出展車両が完成した!とホッとしたのも束の間

今度の週末には『東京オートサロン2017』が開幕してしまいます!
タイガーオートでは
●2016年モデル Jeep®ラングラー アンリミテッド ルビコン ハードロック
●2016年モデル Jeep®レネゲード リミテッド
の2台を出展します!
共に新車ベースで0からカスタムをするので時間がかかります
と言うわけで今年は早めに着手したものの、カスタム内容が濃すぎてまだ完成していない状況
なかなか思うようには進まないですね〜

順次、カスタム工程をご紹介していきます
まずは、ラングラーRUBICON
昨年も気合を入れて作りましたが、今年もルビコンベースなので気合が入ります!!

20170108-20161106_015.jpg

完全ノーマルの新車のルビコンをリフトで上げ、外すものを外す!

20170108-20161106_017.jpg

毎回、オートサロンは新たなパーツの試験の場と考えています
同じパーツを使うのではなく、今までに装着したことの無いパーツを使って、
フィッティングや強度を試しています

今回も新たなチャレンジで、ホーシングの補強と
KINGコイルオーバーキットをインストールしました

20170108-20161109_039.jpg

多くの溶接作業を予定しているので、前後ともにホーシングを外してからの作業としました

20170108-20161109_046.jpg

ホーシングやフェンダーなどが無くなり、軽量化したラングラー
これからどんどん重量が増していきますが・・・

20170108-20161110_642.jpg

単体にされたホーシングの不要部分を切っていきます
コイルオーバーでショック付け根に全ての負荷が掛かるので純正では耐えられず、
強化タイプのショックブラケットを取り付けます

20170108-20161112_278.jpg

取り付け部の肉厚が増したショックブラケット
説明書にはボルトオンと書かれていましたが、念のため溶接も併用しました

20170108-20161116_020.jpg

ラテラルアップブラケットもUボルトで固定ですが、別のパーツと併用するため、
こちらも溶接にて固定

20170108-20161125_191.jpg

デフ上、中央部にはトラスを組み込みました
これは全て溶接留めですが、このルビコンに組み込むタイヤサイズを考えると
このパーツは有効と思い装着しました

20170108-20161119_050.jpg

ショックアブソーバーとコイルスプリングが一体となった
KINGコイルオーバーサスペンションキット
KINGはオフロードレースなどで使われるメーカーでアメリカのオフロードレースでの装着率は
相当に高いものとなっています

20170108-20161130_509.jpg

ようやく車両に戻ったリヤホーシング
今度はフロントの補強に入ります

リンク:東京オートサロン2017
facebookアルバム:Jeep® Wrangler Unlimited RUBICON


名 称:TOKYO AUTO SALON 2017
会 期:2017年1月13日(金)、14日(土)、15日(日)
会 場:幕張メッセ(日本コンベンションセンター)
開催スケジュール:1月13日(金) 9:00〜19:00(業界&報道関係者招待日)
                ※9:00〜14:00 サイレントタイム
                ※14:00〜 一般特別公開
         1月14日(土) 9:00〜19:00(一般公開日)
         1月15日(日) 9:00〜17:00(一般公開日)
入場料: 特別入場[1月13日(金) 14:00〜19:00/一般特別公開]
  当 日:3,200円
  前売り:2,600円
  一般入場[1月14日(土)、15日(日)]
  当 日:2,200円(大人)/ 1,700円(中・高校生)
  前売り:1,800円(大人のみ)
  全日とも小学生以下無料 ※保護者同伴に限る
  前売券取扱所
  オートサロン公式Webサイト/各種コンビニ、プレイガイド
主 催:東京オートサロン事務局(TASA)





20150124-s-20141215.png
4WD SHOP タイガーオート | Facebookページも宣伝

クライスラー所沢・ジープ所沢 | Facebookページも宣伝



20160109-wr.jpg
20160109-gc.jpg
20160109-cm.jpg
20160109-rn.jpg
20160109-ch.jpg




トップへ戻る