普段何気なく捨てているペットボトル・・・
日本国民1人が1日1本飲んだだけで、
毎日1億2000万個のペットボトルが処分されていきます

多くはリサイクルされているのでしょうけど、環境の事を考えると
このままじゃいけないと思いつつ、何をすれば良いか判らない・・・

そんな時テレビで「ペットボトルキャップを回収し、世界の子供たちにワクチンを!」
というテーマの特集を目にしました

普段捨てているペットボトルのキャップを集め、途上国の子供たちにワクチンを寄付できる団体があることを知りました

早速インターネットで調べてみると『世界の子どもにワクチンを日本委員会』なる団体が!!



「世界の子どもにワクチンを 日本委員会は
途上国の子どもたちにワクチンを送るNPO法人です」とのこと

******************************************************

〜以下キャップの貯金箱推進ネットワークのHPより引用です〜

地球上にゴミはない!〜蒼い地球をのこすため一人ひとりが出来る事〜
あなたの行動が世界の子どもたちを救い、未来の地球を創ります。
地球環境の悪化は、テレビ等の報道で皆さんもよく御存知の事かと思います。
最近では、世界的な海面の上昇、ハリケーンの大型化、砂漠化、地球温暖化などは、よく目や耳にする情報です。しかし、大半の人びとは「テレビの中の遠い国の出来事で自分には関係ない事だ」と考えているのではないでしょうか。現在、アメリカのハリケーンは大型化し又、世界的な海面の上昇により水没してしまいそうな島や国が現実に存在します。
それもこれも地球温暖化[温室効果ガス(CO2)]のせいだと言われています。そして、日本でも海面が1メートル上昇しただけで水没してしまう地域は少なくありません。「遠い国の出来事・自分には関係ない」ではすまされない現実がすぐそこにせまってきています。

「キャップの貯金箱」推進ネットワークは、
[蒼い地球をのこすため、一人ひとりができること]
を、コンセプトに運動を展開しています。

そして三信条として
1、燃やす埋めるをなくす!(CO2削減・地球環境の保全)
2、飲み残し、食べ残しをしない!(ゴミを出さない、なるべく少なくする)
3、地球上にゴミはない!(3Rの徹底・限りある資源の無駄をなくす)

PETボトルのキャップを集めていただきこの三信条を感じていただき、地球市民として一人ひとりに何が必要で、何が出来るのかを考えていただきたいと思っています。

また世界では今、1日に約4.000人の子どもたちがワクチンを接種できずに死んでいます。
当団体は社会貢献として、集めたキャップをリサイクルメーカーに売却し、その売却益を「認定特定非営利活動法人世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」に寄付させていただき、この団体を通じ、世界で救いの手を必要としている方々にワクチンや医療物資等の必要なものを贈らせていただくお手伝いをさせていただいています。

世界の子どもたちに夢をプレゼント!
そして、地域の子どもたち、大人たちには
「環境」や「世界」へ目を向ける事が出来るきっかけづくり!
そして、学校・企業などへの環境教育の強化のお手伝い!
となる運動・活動を続けていきます。

何卒、「キャップの貯金箱」運動に御理解いただき、
みなさまの御協力を賜りますようお願い申し上げます。

「キャップの貯金箱」推進ネットワーク
代表 戸塚 幹男

******************************************************

   なるほど!!  スバラシイ!!

キャップ400個で世界の子どもたちの命を救うワクチン一人分になるそうです
1日4000人もの子どもがワクチンを接種できずに亡くなっている・・・

4000人 X 400個 =1.600.000個のキャップがあれば、
多くの命を救えることになります

日本国民のたった1.4%の人が協力すれば世界中の多くの命を救えるのです!!

まぁ〜実際 日本国民が毎日1本のペットボトルジュースを飲むとも思えませんが、
一人一人が意識するだけで、多くの子どもを救えるのは事実のようです

これに協力しない手は無い!!ってことで当社でも
『キャップの貯金箱』を始めました♪



何事も始めなければ、始まらない!
って事で、2ヶ月位前から貯金箱を設置し、先ずは社員から集めてみました





すると どうでしょ!!
10人くらいの社員でこれだけのキャップが集まりました!!

ゴミ箱に捨ててしまうと埋もれてしまうペットボトルのキャップも
これだけ集まれば、一人分くらいのワクチンにはなったのではないでしょうか?



私たち先進国が排出してきたCO2で地球環境が変化して
ハリケーンやスコール、砂漠化、南極の氷が溶けて海面が上昇  などなど
多くの問題が発生しています
でも問題が大きすぎて、個々ではどうしょうも無い気がしますが、
世界中の人類 一人一人がちょっとだけ意識を変えれば
それが大きな力となり、地球環境が改善される方向に働くと思います

先ずは小さな一歩から始めてみましょう!

ご家庭で出たペットボトルのキャップや、
ドライブ中、クルマの中で飲んだペットボトルのキャップをビニール袋などに集めておいて、
『キャップの貯金箱』に貯金してください
この貯金が自分たちの子どもや孫、ひ孫・・・たちへの
貯金だと思って!

CJD所沢 & タイガーオート にも『キャップの貯金箱』を設置していますので、
点検やオイル交換がてら、キャップの貯金にご協力をお願いします m(_ _)m




トップへ戻る