• タイガーオート/ジープ所沢はFCAジャパン正規ディーラー、サービス指定工場としてジープの新車/中古車販売、メンテナンス、カスタマイズを手懸けております。
  • 整備予約 試乗予約
  1. ホーム >
  2. サービス情報 >
  3. グランドチェロキー 新機構

グランドチェロキー 新機構

クォドラドライブII4x4システム

20060827-1.jpg

クォドラドライブII®4×4システムは、究極のオフロード走破性を提供します。このシステムでは、NV245 フルタイム トランスファーと、3つの電子制御式リミテッド スリップ ディファレンシャル(ELSD) ? フロント、センター、リア ?を組み合わせ、クラス最高の駆動力を発揮します。
このシステムは、ホイールスピンを瞬時に検出し、トラクションの掛かっているホイールにエンジントルクをスムーズに配分します。
場合によっては、トラクションの低下を瞬時にホイールへと伝達され、ホイールスピンを低減または完全に起こらないようにします。
そのため、あらゆる路面状況に応じて、各ホイールに常に最適なトラクションを与えることができます。
また、1つのホイールに最大100%のトルク配分が可能。
たとえば3輪が空転するような状況でも、1輪のみがグリップしていれば駆動することができます。電子制御式リミテッドスリップデファレンシャルによって、フロントアクスルに同クラスの他車より大きなトルクを配分することもできます。
このシステムの中心となるのは、NV245アクティブ トランスファーです。このトランスファーに内蔵されているセンターディファレンシャルは、電子制御式クラッチパックと組み合わされ、完全にフリー状態から完全にロックされた状態まで ? 無段階に ? 調整することができます。4 Lowローレンジのギア比は2.72 : 1です。
クォドラドライブII®システムにおいて鍵を握るコンポーネントは、オートマチック トラクション ディファレンシャルの新たなベンチマークを打ち立てる? 業界初の採用となる ? ELSDトリオです。センター ELSDがフロント/リアの自動トルク配分を行い、フロントとリアのELSDが左/右の自動トルク配分を行います。フロントとリアのELSDにも電子制御式クラッチパックが採用されており、前後の各アクスルにおいてフルスピンとフルロックの間で自動的かつ瞬時に変化させることができます。これにより、必要に応じてトラクションを最大限に高めることができ、しかもこの種の頑丈な4×4システムにありがちな、オンロード走行ではデメリットが生じるということもまったくありません。
システムのすべてのコンポーネントは互いに連携して、さまざまな要求を常時モニタリングしつつ、各種コンポー ネントを自動的にスムーズに作動させ、クラス最高の駆動性能を発揮すると同時に、日常のオンロード走行をも向上させています。例えば、旋回中は、ELSDはフロントアクスルのクラッチパックを切り離すことで、ディファレンシャルの通常の作動を可能にし、タイトコーナー ブレーキング現象を防いでシステムに無理な力が掛からないようにします。

JEEP OFFICIAL SITE ジープオフィシャルサイト