• タイガーオート/ジープ所沢はFCAジャパン正規ディーラー、サービス指定工場としてジープの新車/中古車販売、メンテナンス、カスタマイズを手懸けております。
  • 整備予約 試乗予約
  1. ホーム >
  2. サービス情報 >
  3. JeepにおけるFCW(前面衝突警報)のご説明

JeepにおけるFCW(前面衝突警報)のご説明

今やブレーキ補助などに代表される安全装備は必須アイテムとなっています

もちろん、Jeep各車にも安全装備が装着されています

ラングラーも現行モデルのJLより前面衝突警報(クラッシュミティゲーション付)や

ブラインドスポットモニター(グレードによる)が装備される時代です!

 

ただ、このシステムも完璧なものではなく、

システムの特性上、車両以外にもセンサーが検知することにより

機能が作動することがあります (これはシステムの異常ではありません)

車両以外でセンサーが検知するものの例として以下のものがあります

・高架橋

・ガードレール

・道路標識

・料金所

・踏み切り

・電柱

・立体駐車場

・トンネル

・看板

・電波を発する設備及び装置 (自動ドアなど)

これらは代表例であり、これ以外のものでも反応する事はあります

頻繁にシステムが作動する環境を走行する場合、

FCW機能の一時的なキャンセルも出来ますので活用してみてください

※エンジンを再始動すると設定はリセットされFCWが機能します

 

ラングラーJLはフロントガラス上部のカメラ1つで障害物を検知しています

私はこれはリフトアップなどのカスタムに対応したメーカーの苦肉の策だと思っています

複雑なミリ波レーダーなどがバンパーに内蔵されていては

好みのカスタムが楽しめなくなりますからね~

(それ故、JLは誤作動が多いんですが。。。)

 

FCWのキャンセル方法は車両取扱い説明書に記載していますので、

ご一読ください

JEEP OFFICIAL SITE ジープオフィシャルサイト